読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンプラスチック㈱のブログ

帯電防止・導電・防錆などの機能性ポリエチレンのことなら

こんにちはサンプラスチック㈱ 吉成です。

今日は、弊社の導電性ポリエチレンフィルムをご紹介したいと

思います。

 

一気に気温も下がり秋も深まってまいりましたが、これからの時期弊

社の帯電防止PEフィルム、導電ポリエチレンフィルムの性能が発揮

される時期となってきます。

 

お客様の製品を、静電気から守る包装材として長年培った知識と技術

で安定した製品を日々提供できるよう努めています。

そこで、帯電防止と導電何処が違うの?という質問が時々あります。

帯電防止は、呼称のとおりフィルムに静電気が滞留するのを防ぎま

す。

 

導電は、帯電防止とは違いフィルム自体に電気を通します。
なので、電池のついた基板部品は、接点がフィルムに長期間触れてい

ると放電してしまいます。

通常、ポリエチレンフィルムの場合、抵抗値が10^6乗(測定値)以下で

あれば導電性となりますが、HL-Bシリーズは、10^4乗(測定値)以下

と機能的となっています。

 

プラスチックという絶縁素材に電気を通す為に、カーボンブラックを

使用して分子と分子の間をぬぐって、カーボンブラックの粒子を結合

させて導電性を導きます。

導電性ポリエチレンフィルムによる包装は、内容物自体が静電気を帯

びやすいものや、粉体等の干渉によっておこる静電気を瞬時に放電す

る事を目的として使用します。

帯電防止では、防ぎきれない静電気による障害をより強固に保護出来

る製品です。

 

弊社HL-Bシリーズ製品は、お客様の大切な製品を静電気から守る為

の包装材です。

 

f:id:Sunplastic:20161104183441j:plain

簡単ですが、弊社HL-B製品についての紹介でした。